「日本再興戦略で進められている民間ビジネス会社の活用」について

今回の法律改正のポイントを前回ご紹 介しましたが、政府は、雇用の確保、安定についてハローワークをはじめ、既存の行政機関だけに頼らず、民間人材ビジネスサービス会社の活用を広く呼びかけています。

背景には、複雑な雇用敢行や産業構造の変化が有りますが、有料ですがこの数十年実績を挙げてきた人材ビジネスへの評価と期待の現れと感じています。アベノミクスが一昨年策定しました、「日本再興戦略」にも民間人材ビジネス会社の活用が大きく掲載されました。人材ビジネス会社の役割 は、今後より一層大きくなると思います。

雇用の場を作り、お一人お一人のキャリア形成(人生設計)の相談役となることが、 私たち業界の使命と感じています。これからも皆様の良きパートナーとして、二人三 脚で歩んで参ります。

労働者派遣法が施行され、来年で30年です。人材派遣も時代の変化に対応してこれまで歩んできました。10年単位で見れば、 試行錯誤の10年、成長期の10年、混乱、悪評が増えた10年だったかと思います。

法律の改正や、経済状況の変化の中、働く皆様お一人お一人のお力で業界も会社も成長してきました。今こそ、原点に帰り社員の皆様と共に、今後も成長できる企業を目指し、運営して参ります。